窓まわりのリフォームを行うには?費用相場と施工ポイントについて

公開日:2023/10/15  最終更新日:2023/09/15

家

窓まわりのリフォームは、快適な生活空間をつくるうえで重要です。防音や断熱効果の向上、防犯対策など、さまざまな目的がありますが、詳しい施工方法と費用の把握が必要です。この記事では、窓まわりのリフォームにかかる費用相場や施工ポイントについて詳しく解説しているので参考にしてください。

窓まわりのリフォームを行うメリット

窓まわりのリフォームには多くのメリットがあります。

窓をリフォームすることで防犯や防音、換気、冷暖房の効率アップなど、さまざまな効果が期待できます。窓のリフォームで大きな効果を発揮するのは二重窓への交換です。二重窓にリフォームすることで、断熱性能が向上することが最大のメリットです。

夏は涼しく、冬は温かい空間を保てることで冷暖房効率が向上し、省エネ効果も期待できます。また、音を遮断するガラスが2枚になるため防音効果も高まり、外部からの騒音を抑えられます。複層ガラスによるリフォームも断熱性能が向上しますが、二重窓ほどの防音効果は得られません。

防音を重視する場合には、防音ガラスや真空ガラスへの交換がおすすめです。また、既存のサッシを取り替えるリフォームを行うことで、開け閉めがスムーズになったり、結露の発生を抑えたりする効果が期待できます。同様に、網戸や雨戸のリフォームも重要です。

定期的なメンテナンスや交換を行うことで、性能を維持し安全を確保します。さらに、面格子の取り付けは防犯や目隠し、デザインの面でもメリットです。

家のデザインに合わせて種類を選ぶことで、窓まわりの魅力が向上します。以上のように、窓まわりのリフォームには多くのメリットがあります。快適で安全な生活を維持・向上させるために、適切にリフォームしましょう。

窓まわりのリフォームってどんなことをするの?

ここでは、窓周辺のリフォームの方法を確認していきましょう。

まず、二重窓へのリフォームでは、既存の窓の内側に新しい窓を取り付けます。これにより断熱性能が向上し、冷暖房の効率がアップします。さらに防音効果も期待できます。複層ガラスへのリフォーム時には、既存の窓サッシをそのまま利用できる場合もあります。

手間がかかればリフォーム費用も増額してしまうため、仕様をよく確認しておきましょう。既存のサッシを取り除き、新しい窓を設置するサッシのリフォームには、カバー工法と、はつり工法の2つの工法があります。

カバー工法は既存の窓サッシの上から新しい窓サッシをかぶせる方法で、費用を抑えられますが、開口部がやや狭くなるデメリットがあります。一方、はつり工法では既存の窓サッシを撤去し、新しい窓サッシを設置する工法です。

カバー工法に比べて開口部を確保できますが、既存のサッシを撤去する大掛かりな工事の費用がやや高くなります。網戸リフォームのポイントは、交換方法です。交換にはフレームごとと、網のみ張り換える方法があります。

ガタついたり、隙間が空いてしまったりする場合は網戸そのものに問題があるため、フレームごと交換しなければなりません。単純な網戸の破れなどの場合はネットのみの交換で対応できます。

雨戸のリフォームでは、多くのメリットがあるため引き違いの雨戸から電動シャッターに変更することも検討してください。電動シャッターは防犯性が高く、操作も簡単で便利です。最後に、面格子の交換は、周囲からの死角になりやすい場所への設置が重要です。

トイレや浴室の小窓、高所の窓など、見落としがちな場所には面格子の設置が推奨されます。これらのリフォームを通じて、快適で安全な室内環境を実現しましょう。

窓まわりのリフォームにはどれくらいの費用がかかるのか

窓まわりのリフォームには、さまざまな方法がありますが、それぞれの費用相場を見てみましょう。

まず、二重窓のリフォームの費用相場は、窓のサイズやガラスのグレードによって異なりますが、1か所あたり5万円から12万円ほどが一般的です。防犯ガラスや断熱性能が高いガラス、遮熱効果の高いガラスになるほど、リフォーム費用が高くなる傾向があります。

複層ガラスに交換するリフォームの場合、サッシには手を加えず、ガラスだけ交換する場合は5万円前後、サッシごと交換する場合は10万円から20万円ほどかかります。サッシ交換リフォームの費用は、カバー工法が10万円ほど、はつり工法の場合は30万円が相場です。

サッシ交換は非常に高価な場合があるため注意が必要です。網戸の交換を専門業者に依頼する場合、フレームごと交換は1枚あたり8,000円から3万円、網の張り替えは1枚あたり1,000円から3,500円ほどかかります。

DIYで網を張り替える場合は、網戸張り換え用のネットと道具の購入に2,000円程度の費用がかかります。雨戸のリフォームは、タイプごとに費用が大きく異なり、引き違い雨戸では2万円から5万円、電動シャッターの場合は10万円から35万円ほどが一般的です。

最後に、面格子そのもの値段は、アルミ製の縦面格子が8,000円から2万7,000円、ステンレス製の面格子は7万円から10万円ほどが相場です。施工費用や撤去費用が加わるため、予算をしっかり確保しておきましょう。

まとめ

窓周辺のリフォームは、住まいの快適性を向上させるために重要な工事のひとつです。目的を明確にし、正しい方法で施工を行うことで、防音効果や断熱性の向上、防犯対策など、さまざまな利点を得られます。また、費用相場を把握し、予算をしっかりと確保することも大切です。専門業者との相談を重ねながらしっかりと計画を立て、窓まわりをリフォームしてみましょう。

 

 

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

住まいのリフォームは、日常生活をより快適にするための重要なステップであり、そこで大切となるのが業者選びです。多様な業者のなかから最適な選択をするには、それぞれの特徴と、選択のコツや注意点をし
続きを読む
住まいの寿命やライフスタイルの変化に伴い、家を新しくする際に迫られるのが、リフォームと建て替えの選択です。コストは重要ですが、それだけで家の真の価値や将来の住み心地を判断するのは難しいもので
続きを読む
住まいを新しくするための選択肢として「リフォーム」と「リノベーション」があります。しかし、これらの言葉が混同されることも少なくありません。実は、それぞれが持つ意味や取り組む内容、さらに目的や
続きを読む