中古物件を買ってリフォームをする際の注意点

公開日:2024/02/15  最終更新日:2023/11/01

リフォーム

新築の家を購入したいけれどよい土地がない、値段が高いので難しいといった場合は中古物件の購入を検討することになるでしょう。中古物件にもいろいろあり、築浅の物件、リフォーム済みの物件、リフォームしていない物件などがあります。今回は物件購入後にリフォームしたい場合の注意点について解説します。

リフォーム前提で中古物件を買うのはメリットばかりではない

リフォーム前提で買うのでよく考えずに安く売られていた中古物件を買ってしまうと、デメリットを感じることになるかもしれません。メリット、デメリットをしっかり確認したうえで購入に進むようにしましょう。

中古物件のメリット

中古物件のメリットは販売価格が安いことです。築年数がたっており建物には値がつかないような物件の場合、ほぼ土地価格だけで購入できる場合があります。中古物件の立地が魅力的な場所であれば購入するメリットは大きいでしょう。]

また新築では高くて手が出せないような大きさや間取りの物件の購入も中古物件であれば検討しやすいでしょう。

中古物件のデメリット

中古物件のデメリットは、希望通りにリフォームやリノベーションができない可能性があることです。そのため、購入前に思い描くリフォームができそうか確認することが重要です。まず考えられるのが、リフォーム工事中にシロアリの被害が判明した場合です。

被害が大きい場合は大きなリフォームやスケルトンリフォームが必要になるなど、想定よりリフォーム費用がかかってしまう可能性があります。木造の古い住宅を購入する場合は要注意です。また古い物件で耐震性が低い場合は、耐震補強工事も行わなければいけない場合があります。

大規模なリフォームをするより解体して建て替えた方がよいケースも出てくるかもしれません。中古物件をリフォームする場合は想定外のリフォームにも対応できるよう、予算に余裕をもたせておくとよいでしょう。

中古物件をリフォームする際のポイント

中古物件をリフォームする場合にはどのようなポイントを押さえておけばよいのでしょうか。中古物件を購入して失敗したと後悔しないようにポイントをふまえながら検討しましょう。

購入前に状態をしっかりチェックする

中古物件で気になる物件が見つかったら、まずは内見に行きましょう。内見したうえで購入を検討する場合、仲介会社のリフォーム担当者やリフォームを依頼する予定の会社などに同行してもらい、建物の状況を見てもらいましょう。

自分の考えている間取りにリフォームできそうか、耐震性はどうか、現段階でリフォームが必要なところはないかなどを確認します。またリフォームする場合どれくらい費用がかかりそうかも聞いておきましょう。

費用には余裕をもたせておく

中古物件は新築物件を購入する際より住宅ローンが厳しくなることを知っていますか?築年数がたっている建物は担保価値が低くなってしまうからです。そのため住宅ローンが組めるよう、費用には余裕をもたせておきましょう。

リフォーム費用も想定より膨らむ可能性があるので、費用に余裕があると安心です。またリフォームに時間がかかる場合、仮住まいに引っ越す必要があるとその費用もかかってきます。

物件選びも重要!物件選びのポイントは?

中古物件を購入しようと考えた時にどのような物件を選べばよいのでしょうか。選ぶ段階で注目するべきポイントについて解説します。

立地がよく安全かどうか

中古物件の魅力は立地を選べるところにあります。好立地で新築物件だと価格が高くなってしまいますが、中古物件なら好立地の物件の購入もかなうでしょう。その場合に確認しておきたいのが、安全性が高いかどうかです。

ハザードマップで水害や地震に強い場所かどうか確認しておきましょう。ハザードマップではその地域の避難場所、避難経路なども記されているので見ておくと安心です。また学校やスーパー、病院などが近くにあるかどうかも生活していくうえで重要です。利便性のよさと安全性の高い立地のよい場所を選ぶのがおすすめです。

耐震性があるか

1981年前に建てられた住宅は古い耐震基準で建てられています。安いからといって古い物件を購入すると、リフォームの際に耐震補強工事が必要なケースがあるので、リフォーム費用がかさむのを防ぎたい場合は新耐震基準で建てられている物件を購入するのがよいでしょう。

また耐震性だけでなく耐久性も確認しておいてください。基礎や土台に問題があれば解体するか大がかりなリフォームになる可能性があります。

まとめ

新築物件の購入にはお金がかかります。立地や価格的に新築物件の購入は難しい場合は中古物件の購入を検討してみましょう。ポイントを押さえて物件探しをすることで中古物件でも後悔なく購入できるでしょう。

購入後にリフォームすること前提で中古物件を購入する場合は、どれくらいのリフォームが必要なのか事前にある程度確認しておきましょう。希望するリフォームが可能な間取りかどうかも確認するとよいです。またリフォーム工事がはじまってから大がかりな工事や耐震補強工事、解体工事などを行う必要性が出てくる可能性もあるので、リフォーム費用は多めに用意しておくのがおすすめです。

おすすめ関連記事

サイト内検索

【NEW】新着情報

毎日使用する水回りの設備は、15年~20年がリフォームの目安と言われています。一般的に水回りとは、キッチンや浴室、トイレ、洗面所を指します。 一見すると壊れていないように思える場所も、実は目
続きを読む
マイホームの雰囲気を変えたいのであれば、外構リフォームがおすすめです。外構は、住まいの顔とも言われる通り、家の印象を左右する重要なポイントです。 門扉やフェンス、カーポート、外壁などのエクス
続きを読む
住まいは私たちの生活に深く根ざしています。時には、その住まいをリフォームすることで、生活の質を高めたり、新たなスタートを切ったりすることがあります。この記事では、リフォームを考えるきっかけ、
続きを読む